【お絵かき】藤見先生の授業風景

こんにちは。犬クン管理人です。

今回のイラストは、記念日ともタガログ語レクチャーともフィリピンの雑学とも関係ない。

最近、仕事の合間にイラストレーターのさいとうなおき氏の動画を観ているのだが、同氏が紹介しているテクニックを試したくなったのだ。

モデルは、今年のニューイヤーイラストで「躯(むくろ)のネズミ」を演じてくれたネクロティーチャー、藤見損美(ふじみ・ぞんび)先生。

「死の定義」をレクチャー中に、教えている本人が教科書に沿ってないことに気づいて「ん?」となったシチュエーションを描いてみた。

また、フィリピンもこれからそろそろ暑くなってくるので、先生の後ろ髪をちょっとカットしてすっきりさせてみた。これで少しは腐敗のスピードも遅くなるであろう。

今回さいとう氏の動画で参考にさせていただいたのは、主に髪まわり(ツヤとグラデーション)とリムライト(キャラの背後から当たる光)。

ちょっとした工夫で、かなり印象が変わった感じがする。もう少し練習してみよう。

ネタ元:

さいとうなおき氏の「魅力的な髪の塗り方講座」

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を追加(jpg、png)