2018年度犬クンカレンダー(犬クン村娘2)

こんにちは。犬クン管理人です。

2018年度の犬クンカレンダーのテーマは、去年に引き続き「犬クン村娘」。当サイトのマンガ「犬クン村の人々」に登場している女性キャラを紹介する。

1月:ピグ子

トップバッターは、いつの間にかそばにいて君を見つめている無害な小型怪獣「ピグ子」。

ピグ子
ピグ子カレンダー

モデルは、小さくて愛らしいルックスを持つ人類の味方、「友好珍獣」ピグモンだ。

特に目立ったことをするわけでもなく、ただ森の中をウロウロするだけの「おまけ」キャラなのだが、なぜか気になる存在である。マン子シリーズの出だしにレッドちゃんに襲われ、「マン子対レッドキン子」編でレッドキン子に襲われ、「レッドちゃん対ケム子」編でピグ子人形(定価8,000円)がレッドちゃんに惨殺される、という戦歴(?)を持つ。何もしていないのに襲われる可哀想な役回りだ。

以下、ピグ子の基本設定。

●マン子たちがいる森の奥深くに棲む、無害の小型害獣。

●モデルは「友好珍獣」ピグモン。

●縮れた茜色の髪の毛を持つ。

●非常にシャイで臆病。滅多にしゃべらない

●シャイで臆病だが好奇心は旺盛。他の怪獣などのそばにのこのこと近づいて、相手の様子をジッと窺う。

●自然と相手に「ガンをつける」形となるため、襲われやすい。

●ちょうど相手の虫の居所が悪い時にばったり居合わせることが多いため、襲われやすい。

●「レッドファイッ!」でレッドちゃんに目をつけられてしまい、襲われかけた。

●「もう一人のレッド」でレッドキン子に襲われかけた。

●「そして綿が残った」では、ピグ子人形がレッドチェーンの餌食となった。

●逃げ足は怪獣界でもトップクラス。動きも素早く、捕まえるのは至難の業。追いつけるのはマン子くらいである。

●豚のイラストが描かれている、襟元が若干伸びたワンピースを着ている。

●指の部分が異常に長い「パワーグローブ」を装着している。靭やかかつ強靭で、穴掘りや木登りなどに便利な構造となっている。いざとなったら相手を切り裂く強力な武器となる。

●脚力を増強させる「パワーブーツ」を装着している。これにより、襲ってくる相手から光速で逃げることが可能。

とってもキュートな薄幸の脇役ピグ子ちゃん。これからも「目立たないのに目立つ」特性を発揮し、誰かに利用されたり襲われたりしてしまうことであろう。(合掌)

2月:ケム子

犬クン村娘の2番バッターは、角刈りの超A級スナイパーを「師匠」と崇める、若干中二病気味の「花丸級スナイパー(自称)」ケム子。

ケム子
ケム子カレンダー

マン子も手を焼くトラブルメーカーのレッドちゃんに対し、「チャイルドキャラにはチャイルドキャラを」ということで誕生した、武器(オモチャ)と狙撃のスペシャリストである。

モデルは、昭和の特撮テレビ番組「ウルトラQ」に登場した「誘拐怪人ケムール人」だ。

以下、ケム子の基本設定。

●遥か彼方のケムール星から地球に移住してきた異星人。

●想定年齢500歳。外見と知能は、地球人の小学高学年に相当する。一人称は「ケム子」。

●ニックネームは「ケムっち」「ケムちん」「ケムンパス」。

●好きなおかずはコロッケ、好きなオヤツはポッキー、苦手な人はママ、憧れの人はゴ●ゴ13。

●超高性能な武器(オモチャ)やガジェットの開発を得意とする。特に銃弾として使っている吸盤の吸引力は、下手に剥がそうとすると皮膚ごと持って行かれる程強力。

●とある本屋で「●ルゴ13」という成人向け漫画と出会い、角刈りの主人公のハードボイルドな生き様に憧れるようになった。

●ことあるごとにゴル●13のセリフを口にするが、知能と経験が追いついていないため、変てこなセリフになってしまうことがある。

●かなり思い込みが激しく、ゴルゴ●になり切っている。ママの伝言や愚痴を勝手に「依頼」と捉え、任務を遂行しようとする。

●脳内に架空の「スイス銀行口座」を開設している。

●「・・・・」「…わかった。やってみよう…」「ケム子の背後に立つな!」が口癖。

●身体能力に優れており、一通り武術も習っている。また、囮を使って敵をおびき寄せるなど、策士的な才能も持っている。

●両手を大きく振り上げてジャンプするように走る「ケムール走法」により、パトカーよりも速く走ることができる。同走法と自作の手榴弾(オモチャ)「発言爆弾ゴジラくん」を駆使し、「レッドチェーン」で襲いかかるレッドちゃんから逃げ切ることに成功した。

●すばしっこいレッドちゃんへの攻撃を2度も成功させた唯一のキャラ。

レッドちゃんとの対決では「赤い悪魔」の貫禄に負けてしまったが、卓越した武器(オモチャ)開発スキルを駆使し、ぜひともリベンジにトライしてもらいたい。

3月:チャンドラ子とマグ子

3月の犬クン村娘は、脇役のくせになぜか人気の凸凹コンビ、入浴怪獣チャンドラ子と地底怪獣マグ子。

2匹とも「マン子対レッドキン子」編に登場し、チャンドラ子が戦闘の解説役を、マグ子がチャンドラ子の解説のツッコミ役をそれぞれ担当した。

3月ということで、チャンドラ子とマグ子が日本の梅まつりを楽しむ様子を描いてみた。アイデアを出してくれた会長に感謝したい。

ただし、一応フィリピンカレンダーなので、2匹にサン●ゲルビールを飲ませることにした。チャンドラ子はすでに出来上がってしまっているようである。

チャンドラ子は有翼怪獣チャンドラー、マグ子は地底怪獣マグラーがモデルである。

有翼怪獣チャンドラー

地底怪獣マグラー

以下、チャンドラ子とマグ子の基本設定。

チャンドラ子

●入浴怪獣。あだ名は「ドラ子」。

●常にバスタオルとバスキャップを着用している。

●常に風呂上がりの香ばしい体臭を漂わせている。

●状況によってバスタオルの柄が変わる。

●バスキャップにドラ●もんの顔と「DORACHAN」の文字がプリントされているが、これは「ドラちゃん」→「ちゃんドラ」のシャレである。

●常にマイクを持っている。アンプに接続されている風には見えないが、なぜか音は出ている模様。

●性格が正反対の地底怪獣マグ子と仲がいい。

●レッドキン子の弟子。レッドキン子がマン子の弟子になった際は、自身もマン子の傘下に入った。

●能天気だが、すぐ泣く。

●通常は英語と日本語が混じった片言の言語を話す。興奮するとさらにタガログ語が追加され、訳分からん状態になる。

●なかなか美形。

●結構グラマー。レッドちゃんにおっぱいを狙われている。

●バスタオルを使って、忍者ハッ●リくんの「ムササビの術」のように滑空することが可能。しかし、能力発動中は全裸になってしまうため、あまり使いたくないらしい。

●バスキャップを外した姿を見た者はいない。「ノー!これ取るダメ!デンジャラスディバ!」だそうである。

マグ子

●地底怪獣。あだ名は「地底にいるアイツ」「モグラ」。

●オカッパに角をつけたような髪型をしている。

●小柄で茶色い肌をしている。

●性格が正反対の入浴怪獣チャンドラ子と仲がいい。

●レッドキン子の弟子。レッドキン子がマン子の弟子になった際は、自身もマン子の傘下に入った。

●影が薄い。

●地味である。

●基本的に真面目だが、いつも一緒にいるチャンドラ子の影響か、稀にボケをかますことがある。

●容姿は…まあ…なんというか…

●冷静沈着。判断力に優れている。

●「地底怪獣」の名の通り、穴掘りが得意である。地面の下に長時間潜伏することが可能。

いつまでも脇役扱いは可哀想なので、今後はこの「天然娘」と「優等生」の異色なコンビをもっと活躍させてあげようと思う。

4月:サトル子

月の犬クン村娘は、「宇宙一の欲しがりっ子」メフィラ子に自宅に押しかけられ、冷蔵庫の中を荒らされて迷惑している地球人の女の子、サトル子。

今のところ、マン子シリーズの中で唯一異星人キャラとの接触を果たしている地球人キャラである。

モデルは、「悪質宇宙人」メフィラス星人から勝手に地球人の代表に指名され、強引に地球の明け渡しを迫られるサトル少年だ。

以下、サトル子の基本設定。

●地球人の女子高生。

●アパートで一人暮らしをしているらしい。

●気性は荒く、常に仏頂面をしている。現時点で笑顔を見せている場面はない。

●ある日突然、メフィラ子の襲来を受けた。サトル子曰く「学校から帰ってきたら、冷蔵庫の前でゴソゴソやってる黒い奴がいた」。

●突然の異星人の襲来にも全く怯まず、非力ながらもメフィに抵抗する図太い神経をしている。

●その図太い神経と不当な暴力に屈しない反骨精神を買われたのか、メフィからはいたく気に入られているようである。

●最近では諦めてしまったのか、メフィとの同居を容認し始めているようである。

●バウムクーヘンが大好き。同じくバウムが好物だと言うメフィと、毎回バウムを巡る攻防戦を繰り広げている。

●運動神経と動体視力に優れている。メフィに自分のバウムを奪われそうになった時、即座に反応して回避した(が、結局念動力により奪われた)。

●異性の生殖器に異常な興味を見せる。メフィ曰く「サトル子さんの頭の中、『ペ●ス』だらけっす」。

●アダルトグッズに異常な執着を見せる。メフィにいくら冷蔵庫を漁られようと、テレパシーで心のプライバシーを侵害されようと、愛用のバイブだけは死守した。

特に秀でた能力を持っているわけでもない脇役キャラだが、個性的(変態的?)な魅力を漂わせているサトル子。今後も性格が正反対のメフィと共に活躍させていきたいと思っている。

5月:ジミー

昨年から続いていたマン子シリーズのキャラ紹介が、ようやく一段落した。

5月からは、善と悪の狭間で苦悩する昭和の特撮ヒーロー「人造人間キカイダー」をパロった「人造人間キカイ子」シリーズの登場キャラを紹介する。

まずはキカイ子の人間態、ジミー。

ラブドール用のアンドロイドという設定なので、今回は特にお色気たっぷりに仕上げてみた。

本来は先に主人公であるキカイ子を紹介するべきなのだが、同一人物ということで「変身前→変身後」という順番にした。

キカイダーの人間態であるジローに、卓越したギターテクと奇抜なパフォーマンスで一世を風靡したジミ・ヘンドリックスをブレンドさせたキャラにしてある。

ジローさん

ジロー

Hendrix performing on the Dutch television show Hoepla in 1967

ジミ・ヘンドリックス

以下、ジミーの基本設定。

●卓越した戦闘能力を持つ無敵のアンドロイド「キカイ子」の人間態。

●生みの親は、秘密結社「抱ーく」でラブドール用アンドロイド「ラブドロイド」の開発を担当していた天才科学者ショージョージ博士。自分の趣味を優先し、金と時間ばっかかけていっつも仕様と違うものを作るため、抱ーくをクビになった。

●元々は、次世代ラブドロイドのプロトタイプとして極秘に開発が進められていた。博士が作った唯一の「まともな」ラブドロイドで、整った顔立ち、超セクシーな体型、そして大人のおもちゃとしての充実した機能を持つ。博士いわく「ラブドロイドの最高峰」。

●高性能ラブドロイドが欲しい抱ーくに、そのエロい身体を狙われている。

●抱ーくから解雇されて逆ギレした博士により、無理やり戦闘能力を追加された。

●博士の娘であるマサル子と共に、「市場調査」という名目で大人のおもちゃを買いに行ったまま行方不明になった博士の行方を探している。

●「得」と思えば相棒のマサル子さえも平気で裏切る、不謹慎な良心回路を持つ。

●「チェーンジ、キカイ子おー!」の掛け声で、能力が格段にアップする戦闘モード「キカイ子」に変身する。

●身体を覆う人工皮膚は、人肌のような肌触りと超合金ニューZ並みの剛性を併せ持つ「メカ細胞」によって構成されており、この人工細胞の組み合わせを変えてキカイ子に変身する。細胞分裂による自己修復機能付き。

●携帯しているギターもメカ細胞で出来ており、形状を変化させて武器として使用することが可能。

●ギターの弾き方は、犬クン村名誉村民のBanmas会長に教わった。以来、会長を「ギターの師」として慕っている。

●ギターを自分自身に接続し、ギターアンプとしての機能を果たす。また、ベース、ドラム、キーボードなど、ギター以外の楽器の音も同時に口から出力することが可能。いつでもどこでもプチコンサートを開催することができる。

●ジミ・ヘンドリックスのように、右手用のギターを左手で演奏する。

●普段は売れっ子の「弾いて歌って戦える地下アイドル」として、多忙な日々を送っている。ファン多数。

●羞恥心がないため、時々おっぱいがポロリしても全然平気。ポロリ目当てにコンサートに来るファンも多数。

●羞恥心はないが、ラブドロイドとしての機能上、恥ずかしがる素振りを見せることは可能。

●抱ーくの首領のプロフェッサーゲロが吹くヘッタクソな笛の音を聞くと、瞬間的にキカイ子モード以上の戦闘力を発揮する。

犬クン村娘の中でも特にセクシーな美女キャラとして生まれてきたジミー。アクションはキカイ子に任せ、彼女にはセクシー路線で大いに活躍してもらいたい。

6月:キカイ子

6月の犬クン村娘は、善と悪、損と得の狭間を彷徨う無敵のアンドロイド、キカイ子。

マン子シリーズに続く昭和の特撮ヒーローのパロディキャラとして生まれた。タガログ語レクチャー「ソントック」が初登場である。

戦闘モードのため、人間態のジミーと比べてエロ要素が抑えられている。が、ガラス越しに見える左胸だけは、機械の代わりに人肌のおっぱいにしてある。

イラストのアングルでは左胸の乳首が丸見えのため、不本意ながらモザイクを入れさせていただいた。

モデルは、不完全な良心回路のために善と悪の間で苦悩し、左右非対称の怪異な外見を持つ人造人間キカイダー。

人造人間キカイダー

以下、キカイ子の基本設定。一部ジミーの設定とかぶってしまうが、ご容赦願いたい。

●善と悪、損と得の狭間を彷徨う無敵のアンドロイド。

●人間態のジミーが、「チェーンジ、キカイ子お!」の掛け声で変身する。

●生みの親は、秘密結社「抱ーく」でラブドール用アンドロイド「ラブドロイド」の開発を担当していた、ロボット工学の権威ショージョージ博士。自分を解雇した「抱ーく」をギャフンと言わせるべく、極秘に開発していた「ラブドロイド」のジミーに戦闘モード「キカイ子」を無理やり追加した。

●「得」と思えば相棒のマサル子さえも平気で裏切り、「損」と思えば性能が低下する、不謹慎な良心回路を持つ。

●良心回路が良心的でないのは、生みの親が良心的な人間でないためであり、不完全というわけではない(れっきとした完成品である)。

●キカイダーのように左右非対称で、一部内部が露出した不気味な容貌をしているが、これは良心回路のせいではなく、博士が一時の感情に任せて戦闘能力を重視し、外観をおざなりにした結果である。

●博士が組み込んだプログラムによって「抱ーく」を「悪」と認識しており、時々良心に目覚めては同社に襲撃をかける。

●超高電圧の電撃を得意とする。そのため、「雷神」の異名を持つ。

●手足は切り離すことが出来、遠隔操作による攻撃が可能。

●ジミーモードよりも格段にパワーアップされている。

●変身前から携帯しているギター「サイドギター」は、乗り物や武器など、様々なツールに変形することが可能。電源や命令はキカイ子から供給されるが、万一キカイ子が動作不能に陥った場合は、内蔵の予備バッテリーを使った自動運転モード「サイドキック」に切り替わり、キカイ子を援護するようプログラミングされている。

サイドギターからの変形例1:空陸移動用マシン「サイドボード」

サイドギターからの変形例2:接近戦用アーマー「サイドカッター」

最近新犬クン村の人口が増えてきているため、連載が止まってしまっているが、近い内に再開する予定である。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を追加(jpg、png)