獣人サランガイ

ごきげんよう。クンクン博士じゃ。

サランガイ(Sarangay)は、牛の頭と人間の体を持つ怪物じゃ。ギリシャ神話に出てくるミノタウロスのフィリピン版といえばわかりやすいじゃろう。ミノタウロスとの違いは、一財産は楽に築けそうな美しい宝石を両耳にぶら下げとることと、怒ると鼻から煙を噴き出す(まるでギャグ漫画のキャラじゃな)ことくらいかの。

鋭く立派な角と、筋骨隆々とした強靭な肉体を持っておる。性格は残忍で、耳の宝石を盗もうとした者をなぶり殺しにしてしまうそうじゃ。怖っ!

どうやら、こやつにとってこの宝石はよっぽど大事なものらしいが、そんなに大事なもんなら、誰も知らんところにこっそりと隠しておきゃいいじゃろ?「私、キレイ?」とばかりにみんなに見せびらかすから狙われちまうんじゃろが。それとも、その宝石はいたぶる獲物をおびき寄せるためのエサかの?ルアーみたいなもんなのかの?

しかし、もしも大事な宝石がまんまと奪われちまったら、サランガイは一体どうなってしまうんじゃろうな。途端に命を失ってしまうのか?それともただのバカ(タガログ語で「牛」っちゅー意味じゃ。決して悪口を言っとるわけではないぞ)になっちまうのか?ワシとしては、そこらへんが非常に気になるところなんじゃが、誰か命懸けのお宝ゲットにトライしてくれる者はおらんか?



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を追加(jpg、png)