【疫病退散】隣のアマビエさんZ シーズン1

こんにちは。犬クン管理人です。

隣のアマビエさん新シリーズ!

世界を混乱に陥れている新型コロナウイルス。

ロックダウンを実施しているフィリピンでも、相変わらず感染の歯止めが効かず、最近では1日1000人超えも珍しくなくなっている。

累計感染者数が20万人に達する日も近い。今のところ、殆どの患者が軽症なのがせめてもの救いだ。

感染防止のために人同士の接触が制限されたことによって客と収入が減り、観光業、娯楽施設、飲食店など、ほとんどの業界が大打撃を受けている。ワクチンと特効薬は、医療関係者らが懸命に開発中ではあるものの、完成にはまだ時間がかかりそうだ。

こんな不安だらけの状況だが、パンデミック当初のパニック状態と比べれば、いくらか落ち着きを取り戻した感じだ。

世界は今、マスク着用やソーシャル・ディスタンシングといった防疫対策を新たな習慣として暮らしの中に取り入れ、少しずつ日常生活を取り戻しながらパンデミックの収束を待つ「ニューノーマル」にシフトしている。

我らがアマビエさんも、5月に入ってネタが尽きた世の中が少し落ち着いてきたため、「帰ってきたアマビエさん シーズン5」以降、活躍のペースを落としていた。

が、パンデミックが予想以上に長引き、不安と不便な世の中でストレスが溜まってきたのかどうか知らないが、最近になってまたネタにできそうなニュースが増えてきた。

そこで「隣のアマビエさんZ」とタイトルを変え、新シリーズを立ち上げることにした。

多分、またネタ切れで失速すると思うが…

ネタ元:

自粛警察

ネタ元:

現場猫

小池東京都知事「密です」

ネタ元:

 金田一少年の事件簿

ネタ元:

GoToキャンペーンで「逃げられました」

この翌日、アマビエさんが会見で手に持っていたサンプル絵をみんなが一斉にトレースする騒動が発生。

「大勢の神絵師に尊い似顔絵を描いてもらう」というアマビエさんの目論見は見事に外れることとなった。

【犬クン読者用特別シーン】誤解を解こうとするアマビエさん。

ネタ元:

吉村大阪府知事の「うがい薬会見」とイソジン騒動

この後、ネット上で「描いてもらえるだけありがたいと思え」「なら自分で描けば?」と非難が殺到し、大炎上することとなった。 

なお、上の絵はネタに絡めてわざと着色しない手抜き状態とした。

誤解のないように、ハイライトを入れてもう一度言うが、これは「わざと手抜きした」絵である。

ネタ元:

冷凍餃子「手抜き」論争

ネタ元:

旅館の料理の量に苦情を呈したツイートが大炎上

早く新型コロナウイルスが世の中から姿を消し、アマビエさんが引退する日が来てほしいものである。

パンデミックの収束が長引いて募る人々のイライラに感化されたのか、最近暴言が目立つアマビエさんのテーマ。

Rise Of The Tyrant by Arch Enemy

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を追加(jpg、png)