7月の犬クン村娘は、遥か銀河のM69星雲から暴れるためにやってきた「赤いあの子」レッドちゃん。

 

モデルは、誰かから頼まれたわけでもなく、特別な事情があるわけでもなく、ただ黙々と怪獣や異星人を殺して回るだけの「赤い通り魔」レッドマンだ。

2017年7月カレンダーイラスト

「かいじゅうダメ!かいじゅうコロス!ゼッタイ!」という歪んだ正義感に燃えており、目についた怪獣に片っ端から襲いかかっては、いつの間にか手にしている得物(えもの)を振り回し、徹底的に痛めつける。その好戦的な性格には、さすがのマン子も手を焼いているようだ。

 

以下、レッドちゃんの基本設定。

●「犬クン村の人々」のオリジナルキャラ。「犬クン村の人々(18)赤いあの子」が初登場である。

●親戚であるマン子と同じM69星雲の出身。時々マン子に会いに地球にやってくる。

●フルネームは「アカイレッド」。モデルのレッドマン同様、ヒネリの全くないネーミングである。

●年齢は不明。外見は小学低学年の女児に相当する。

●身長140センチ、体重40キロ。

●マン子同様、アカイファミリーの証である特殊なヘルメットを常にかぶっている。ただし、完全密封型ではないため、頭髪がヘルメットからはみ出している。

●ヘルメット前部のランプは電源ランプ兼センサー。装着者の周囲の状態を常に監視している。レッドちゃんの場合、ヘルメットが彼女の危険を感知すると、本人を瞬時にマン子の元にテレポートさせるよう設定されている。

●耳部のアンテナはM69星雲との通信用。これで両親と連絡をとったり、星で流行っている童謡を聴いたり、通信教育を受けたりしている。

●性格はいたって凶暴で好戦的。とにかく怪獣をやっつけるのが楽しくてたまらないらしく、視野に入った怪獣に無差別かつ一方的に襲いかかっては、問答無用で殴る蹴るの乱暴を働く。

●その都度マン子に叱られているが、本人は全然反省していない様子。困ったものである。

●マン子のようなスーパーヒロインを目指しているが、その情熱が間違った方角に向いているようだ。

●「レッドファイッ!」が口癖。

●先手必勝の奇襲を得意とするゲリラ戦の達人。まだ子供なので身体能力や戦闘能力は格段に低いが、バット、メリケンサック、チェーンといった打撃用の武器を駆使しながらチョコマカと動きまわる。ウザいことこの上ない。

●攻撃の際、いちいち「レッドバット!」「レッドチェーン!」と得物の名称を叫ぶ。これが更に怪獣のイライラを誘う。

●腰に巻いているベルトは、マン子のカラータイマーを真似て作られた「マン子ちゃんごっこ」用のおもちゃ。好きな時に点滅させてピコンピコン鳴らすことが可能。ただでさえイラついている怪獣の神経を更に逆なでする効果がある。また、アラームが鳴り止むと、マン子の「バーサーカー(狂戦士)モード」になり切り、残虐性が増す。

●親戚に「宇宙最強」といわれるマン子がいるおかげで、怪獣たちの反撃・報復を受けずに済んでいる。

●当然ながら、怪獣たちの間ではすこぶる評判が悪く、怪獣専用のSNSサイト「ギャオギャオ動画」でボロクソに言われている。ただし、本人とマン子にバレないよう、「赤いあの子」というコードネームが使われている。

●スパシウム(M69星雲人の栄養素)100%のいちごミルク、ハンバーガー、ポテチが好物。


相手を思いやる優しい子に成長して欲しいものである。(ため息)

2017年7月カレンダー(壁紙用)

記事を気に入ったらポチ!

ブログ村ランキング

クンクン博士のぼやき

最近のコメント

犬クン翻訳室