「ラプラプ」とは、1521年にスペインの冒険家マゼランと死闘を演じ、これを倒したマクタン島の首長の名前である。スペインによる支配を退けた最初の人物として、フィリピンの英雄の一人に数えられている。

 

lapulapu

その英雄の名前を冠した魚が、ハタ科の「ラプラプ」。白身でやや淡白な味を持つこの海水魚は、市場では高級食材としてやや高値で売られており、日本の「タイ」のように、お祝いの席のご馳走として出される場合が多い。幼魚の頃はメスで、成長するにつれてオスに性転換するらしい。


ということで、8月の動物娘は、不屈の闘志で世の理不尽に挑む、反抗期の正義の風紀委員長「ラプラプのラピュラちゃん」。

lapulapu for calendar 2016 August for blog

ラプラプの画像ソース:ウィキペディア
Photo from https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Epinephelus_malabaricus.jpg
Photo by jon hanson from london, UK (resized version of malabar grouper) [CC BY-SA 2.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0)], via Wikimedia Commons


勝ち気で正義感に溢れた女子高生。やたらと反骨精神が旺盛な子で、不当な圧力には脊髄反射的に抵抗する。校内で弱い者イジメを見つけると、相手が屈強な男子生徒だろうが教師だろうが、知恵と機転とハッタリで果敢に挑む。

見掛けは色白の華奢な美少女だが、外見に誤魔化されてはいけない。なにしろ幼稚園の頃から「勉強しなさい」「おしとやかにしなさい」と無理難題を押し付けてくる理不尽な大人たちに立ち向かい、(お尻を叩かれるなど)数々の修羅場をくぐり抜けてきているのだ。特に利き足から繰り出される回し蹴りには一撃で相手に「痛っ!」と言わせるほどの威力があり、舐めてかかると比較的痛い目に遭う(ただし、パンチラ見たさにわざと蹴りを誘う不届き者もいる)。日本の漫画の影響か、攻撃中に「ハタタタ!」と奇声をあげる癖がある。

「ハタ迷惑な奴らに裁きを」が口癖。一人称は今まで「アタイ」だったが、最近は「ボク」と言っており、男の子のような言葉遣いに変わっている。

2016年犬クンカレンダー8月

記事を気に入ったらポチ!

ブログ村ランキング

クンクン博士のぼやき

最近のコメント

犬クン翻訳室