フィリピンの英雄の一人ラプラプの伝説にも登場する「南国のシンボル」ココナツは、庶民の生活を強力にバックアップする「万能の木」である。

 

日本でも知られるようになったブコジュース(ココナツウォーター)やナタデココは勿論、木の幹や葉っぱは建築材に、果実の外皮は床磨き(ブノット)に、白い果肉はココナツミルクや粉末にして料理やデザートの具や調味料に、ココナツオイルは食用油、サプリメントやマッサージに…と、ほとんどすべての部分を無駄なく利用できる。

 

ほんのりと甘酸っぱい爽やかな味のココナツウォーターは、ジュースとして手軽に楽しめるだけでなく、栄養が豊富で整腸の効果もあるとされており、私も二日酔いや腹を壊した時に大変お世話になっている。

 

その他にも減量効果(脂分が少なく、食欲を抑えてくれるらしい)、美肌効果(皮膚に塗るといいらしい)、運動後の水分補給(スポーツドリンク並みに身体への吸収が良いらしい)、血圧を下げる効果、緊急時には血液の代用になるなど、まさに「奇跡の水」と呼ぶに相応しい。

 

さて、今回の「フィリピン果物娘」に登場していただいたココナちゃんは、巨乳である。これは、その豊満な胸にココナツミルクをタップリと蓄えているからであり、決して私がおっぱい星人だからというわけではない。

inukun_2015_calendar_jul_aug_800_1131

背景のココナツの画像ソース:ウィキペディア

 

更に言うと、彼女が君に差し出しているブコジュースも自前である。「どっから出したの?」という野暮な質問にはお答えできません。

 

皆から愛されている働き者のココナちゃん。何事もそつなくこなし、マッサージも得意である。ツインテールはヤシの木から伸びる葉っぱ、ヘアバンドの飾りはヤシの実をそれぞれシンボライズしている。

 

記事を気に入ったらポチ!

ブログ村ランキング

クンクン博士のぼやき

最近のコメント

犬クン翻訳室