6月の犬クン村娘は、善と悪、損と得の狭間を彷徨う無敵のアンドロイド、キカイ子。

 

マン子シリーズに続く昭和の特撮ヒーローのパロディキャラとして生まれた。タガログ語レクチャー「ソントック」が初登場である。

キカイ子 カレンダー用 

戦闘モードのため、人間態のジミーと比べてエロ要素が抑えられている。が、ガラス越しに見える左胸だけは、機械の代わりに人肌のおっぱいにしてある。

イラストのアングルでは左胸の乳首が丸見えのため、不本意ながらモザイクを入れさせていただいた。

モデルは、不完全な良心回路のために善と悪の間で苦悩し、左右非対称の怪異な外見を持つ人造人間キカイダー。

 人造人間キカイダー

人造人間キカイダー

 

以下、キカイ子の基本設定。一部ジミーの設定とかぶってしまうが、ご容赦願いたい。

 

●善と悪、損と得の狭間を彷徨う無敵のアンドロイド。

●人間態のジミーが、「チェーンジ、キカイ子お!」の掛け声で変身する。

●生みの親は、秘密結社「抱ーく」でラブドール用アンドロイド「ラブドロイド」の開発を担当していた、ロボット工学の権威ショージョージ博士。自分を解雇した「抱ーく」をギャフンと言わせるべく、極秘に開発していた「ラブドロイド」のジミーに戦闘モード「キカイ子」を無理やり追加した。

●「得」と思えば相棒のマサル子さえも平気で裏切り、「損」と思えば性能が低下する、不謹慎な良心回路を持つ。

●良心回路が良心的でないのは、生みの親が良心的な人間でないためであり、不完全というわけではない(れっきとした完成品である)。

●キカイダーのように左右非対称で、一部内部が露出した不気味な容貌をしているが、これは良心回路のせいではなく、博士が一時の感情に任せて戦闘能力を重視し、外観をおざなりにした結果である。

●博士が組み込んだプログラムによって「抱ーく」を「悪」と認識しており、時々良心に目覚めては同社に襲撃をかける。

●超高電圧の電撃を得意とする。そのため、「雷神」の異名を持つ。

●手足は切り離すことが出来、遠隔操作による攻撃が可能。

●ジミーモードよりも格段にパワーアップされている。

●変身前から携帯しているギター「サイドギター」は、乗り物や武器など、様々なツールに変形することが可能。電源や命令はキカイ子から供給されるが、万一キカイ子が動作不能に陥った場合は、内蔵の予備バッテリーを使った自動運転モード「サイドキック」に切り替わり、キカイ子を援護するようプログラミングされている。

 

ジミー

サイドギターで演奏中のジミー

 

サイドボード(2)

サイドボード

サイドギターからの変形例1:空陸移動用マシン「サイドボード」

サイドカッター

サイドギターからの変形例2:接近戦用アーマー「サイドカッター」

 

最近新犬クン村の人口が増えてきているため、連載が止まってしまっているが、近い内に再開する予定である。

2018年6月カレンダー(壁紙用)

 

Banmas会長よりご提供いただいた、キカイ子のメインテーマ。

Rydeen 会長バージョン by 会長

kikaiko cover

※本曲の無断コピー及び商業利用を禁じます。

 

また、今回は特別にキカイ子のエンディングテーマもご提供いただいた。会長、どうもありがとうございます!

帰り道 by 会長

帰り道

※本曲の無断コピー及び商業利用を禁じます。