記事インデックス

 

2月:ハイヂ

 

2月の犬クン村娘は、タガログ語レクチャーその110「ウボ」に登場したハイヂ。「犬クン村の人々」では今のところ最も出番が多く、レギュラー的な存在となっている。

2017年2月カレンダーイラスト

クラシックアニメ「アルプスの少女ハイジ」のハイジをモデルにしているが、キャラ設定はかなり異なる。

 

ハイヂのキャラ設定:

●女子高生(17)。右腕にサソリの刺青がある。

●1999年8月1日生まれ。O型。幼年の頃に両親と死別し、祖父とアルムの森に住んでいる。

なお、ここで言う「アルムの森」とは、犬クン村(つまり、このサイト)にある架空の場所を指す。

●祖父は元工学博士。たった一人の身内であるハイヂを溺愛している。こと「ものづくり」に関しては卓越した技術を持っているものの、最近の情報には疎い。現代っ子のハイヂの質問に答えることができないのを苦にし、後に生身の体を捨て、自分の意識を独自に開発したAI(人工頭脳)に融合させて、自我を持つAI「ONZY」となる。インターネットを駆使して情報収集に励み、ハイヂからの唐突な質問に備えている。ハイヂから嫌われることを何よりも恐れているが、いつも行動が裏目に出る。

●山奥にある自宅は要塞並みの堅固な防衛システムに守られており、敷地内に侵入して生きて戻ってきた者はいない。地元の人々は「アルムの塔」と呼んで恐れている。

●ONZYの寵愛と過保護を受けている。

●元は普通の犬だったが、老衰死後にぬいぐるみに取り憑いたセントバーナード犬「ィヨオゼプ」を飼っている。

●元は人間だったが、ひょんなことから付箋になってしまった幼馴染の変態青年ペエタアに付きまとわれている。

●地元の名家の令嬢ウララ・ゼットマンの遊び相手(アルバイト)として、目下ゼットマン家に居候中。

●幼い頃からアルムの険しい山々を駆けまわって育ったため、野生動物並みのスタミナ・体力・運動神経を誇る。

●極めて明るく活発な性格。全く人見知りをしない。

●気分屋で飽きっぽいが、ツボにハマると凄まじい集中力を発揮する。

●祖父につれない態度を取りがちだが、実は祖父が大好き。疑問に思ったことはとりあえず祖父に聞く癖が付いている。

●誰にでもズケズケとものを言う。ただし、ゼットマン家の執事であるロットワイラー女史にだけは頭が上がらない。

●意外と涙もろい。

●仲間は大切にするタイプ。

●勉強はあまり好きではない。

●ウララが所有しているキーボード生命体「ユキ」と意思の疎通が可能。

●ロックとメタルの大ファン。親友のウララをロックの世界に引き込もうとしている。将来はギタ-ヒーローになるのが夢らしい。

●寝ながら辺りを歩きまわる「夢遊モード」に入ることがある。その間、普段とは真逆の性格になる。

 

今後も大いに活躍させたい、お気に入りのキャラの一人である。

 

なお、2月のカレンダーだが、残念ながらカレンダー1.netの利用が今年から有料になってしまったので、デザカレ(http://calendar-pdf.net/)に変更した。

読者の方からアドバイスをいただいた平成年度表示とフィリピンの休日設定が可能。これから愛用させていただこうと思う。

2017年2月カレンダー(壁紙用)