記事インデックス

今年もそろそろ終わりに差し掛かってきたので、来年用のカレンダーの制作に着手した。

 

ちょっと早すぎるかな?とも思ったが、昨年ギリギリになるまで手を付けず、出だしが手抜き気味になってしまったことへの反省を込めて、あえて早めに取り掛かることにした。

 

来年のテーマは、昨年度の「フィリピン果物娘」の流れを汲む「フィリピン動物娘」。フィリピンの動物たちを、擬人化した女子のイラストと共に紹介する。

 

1月:フィリピン・ターシャ

 

トップバッターは、申年ということで、ボホール島の人気者「フィリピン・ターシャ」にご登場いただいた。

 

「世界最小」といわれているちっこい身体、驚異的な跳躍能力を発揮するバネのような後足、そして顔の大部分を占める、宝石のように美しい眼を持っているメガネザルだ。眼球が眼窩(がんか)に固定されているため、目玉をクリクリ動かすことは出来ないが、その代わり頭を180度クルリと回転させることができる。主にビサヤ諸島やミンダナオ島の森に生息しているが、人間による森林の乱伐によって住処を失い、頭数が減ってきているという。

 

また、非常にデリケートな動物で、過度のストレスに晒されると、頭蓋骨が割れるまで頭部を物にぶつけ続け、自ら命を絶ってしまうという。観光客の人気者だが、可愛いからといってやたらと触ったり、寝ているところを起こしたりしないよう、観光客側の配慮が望まれることろだ。

 

1月の犬クン動物娘「メガネザルのターシャちゃん」も、とびきり素敵な眼の持ち主。

tarsier for calendar 2016 January for blog

 

小柄な体にコンプレックスを抱いている非常にシャイな子だが、ポールダンスをやらせたら彼女の右に出る者はいない。ダンス中は性格もがらりと変わり、抜群の運動神経と強靭な足腰に物を言わせて、ポールからポールへと飛び移る。好物はイナゴの佃煮だそうな。

 

2月に登場予定の「フィリピンワシのアギラちゃん」に目をつけられており、ちょくちょく襲いかかられては、その豊満な胸を鷲掴みされている。

 

なお、今回のカレンダーの制作にあたって、無料カレンダー作成サイト「Calendar1.net」を利用してみた。各種設定をして画像をアップするだけで、簡単に綺麗な手作りカレンダーを作ることができる、とても便利なサイトだ。一通り設定を終えた後に任意の画像をアップし、作成ボタンを押すと、カレンダーがPDF形式で作成される。アップした画像のサイズに合わせて自動調整してくれるのが嬉しい。

2016年犬クンカレンダー1月

出力結果はこんな感じ。ブログ用に画像に変換したので文字が少々見づらいが、PDF版は鮮明である。

 

以降、こんな感じで随時動物娘たちを紹介していく予定だ。「犬クンカレンダー欲しい!」という物好きな方には、メールでお伝えいただければA4サイズのPDF版を無料で進呈する。