コロナ禍の真っ最中で経済が停滞し、暗いニュースばかりを耳にする今日この頃だが、久しぶりに明るいニュースが飛び込んできた。

 

なんと!今年1月17~18日にマニラ首都圏で開催され、私も運営側のスタッフとして参加した「Tayo Na sa Saga Japan Festival 2020」が、第6回ジャパン・ツーリズム・アワードの「メディア・プロモーション賞」を受賞したのである!

 

ジャパン・ツーリズム・アワード2020発表、国交大臣賞は奄美イノベーション、地域住民の観光参加を目指す「日常の観光化」by トラベルボイス

 

佐賀県の関係者の皆さん、受賞オメデトー!パチパチパチッ

 

 

佐賀県と佐賀フィルムコミッション(SFC)によるこのイベントは、主に

1)佐賀県へのフィリピン人観光客の誘致
2)佐賀県をフィリピン映画のロケ地候補として紹介

を目的として定期的にフィリピンで開催されており、今年で3年目を迎える。

 

Tayo Na Sa Saga Japan Festival 2020

 

今回のイベントのキャッチコピー「Tayo Na Sa Saga(タガログ語で「佐賀に行こう!」の意)」は、当イベントの現地での開催を指揮したSMaC, Inc.にキャッチの立案を依頼された私が、カミさんに相談して考えてもらったものである。

 

カミさんサンキュー!カミさん偉大!カミさん愛してる!

 

 

 

コロナ禍で日比間の移動もままならず、観光業界が厳しい状況に置かれているが、早く事態が収束し、またこのような楽しいイベントが開催される日が来るのを切に願っている。

 

 

フィリピンでのビジネスを強力にサポート!SMaC, Inc.

インバウンド関係ならお任せください!Nippon Discovery (by SMaC, Inc.)