今回のイラストは、記念日ともタガログ語レクチャーともフィリピンの雑学とも関係ない。

最近、仕事の合間にイラストレーターのさいとうなおき氏の動画を観ているのだが、同氏が紹介しているテクニックを試したくなったのだ。

 

モデルは、今年のニューイヤーイラストで「躯(むくろ)のネズミ」を演じてくれたネクロティーチャー、藤見損美(ふじみ・ぞんび)先生。

 

「死の定義」をレクチャー中に、教えている本人が教科書に沿ってないことに気づいて「ん?」となったシチュエーションを描いてみた。

また、フィリピンもこれからそろそろ暑くなってくるので、先生の後ろ髪をちょっとカットしてすっきりさせてみた。これで少しは腐敗のスピードも遅くなるであろう。

 

今回さいとう氏の動画で参考にさせていただいたのは、主に髪まわり(ツヤとグラデーション)とリムライト(キャラの背後から当たる光)。

ちょっとした工夫で、かなり印象が変わった感じがする。もう少し練習してみよう。

 

ネタ元:

さいとうなおき氏の「魅力的な髪の塗り方講座」

 

 

 「そう言えば私、どうしてゾンビになったんだっけ?」と考え込む藤見先生のテーマ。

Yesterday is Dead and Gone by Arch Enemy