犬クンが今年で10周年を迎えた。

だから何?と言われればそれまでなのだが、ちょうどいい機会なので、これまでの10年間を振り返ってみようと思う。

 

犬クン誕生

2009年の今頃、ウェブサイト制作を仕事にしていた親友から「お前も始めてみないか」とブログの開設を勧められた。

ちょうど脱サラを考えており、前の職場で担当していた連載漫画「マンガで覚えるタガログ語」をこのまま終わらせるのは惜しいと思っていた私は、早速CMS「Joomla」の仕組みから教えてもらい、犬クンの制作に取り掛かった。

「犬のクンクン」というブログ名には、特に深い意味はない。初期設定をしてくれていた親友から「ブログ名は何にする?」と聞かれ、とっさに頭に浮かんだ言葉を口にしただけである。親友も「は?」となっていた。

「自分の名前を入れた方が読者に認知されやすい」とのアドバイスに従い、最終的に「犬のクンクン by 河村賢一」に落ち着いた。

 

見切り発車 

マンガを描く時にありがちなのだが、最初から完璧を求めてストーリーやらキャラ設定やらを詰めようとすると、徐々に熱が冷めてきて、結局描く前に挫折してしまう。

そのため、ある程度プロットが決まったら、とりあえず描き始めた方が良い場合がある。見切り発車のため、途中でストーリーが変わったり、矛盾が生じたり、キャラデザインが変わったりすることはあるが、それでも描かないで終わるよりは遥かにマシである。

 

同じことがブログにも言える。最初から「これしたい」「あれしたい」などと欲張って設定を細かくしていると、だんだん面倒くさくなってくる。大筋を決めたら、多少設定が甘くても、とりあえず始めてしまった方が良いのだ。「鉄は熱いうちに打て」である。

 

ということで、書きたいことはたくさんあったが、とりあえず最初は

 

●日常生活の中で気になったことを綴る「犬クン日記」

●タガログ語をマンガとダジャレで紹介する「タガログ語講座(後に「マンガで覚えるタガログ語」に改名)」

 

の二本に絞って進めることにした。

また、普通の構成では面白くないので、ブログ全体をマンガに見立て、登場人物として「犬クン管理人(=私)」の他に「クンクン博士」と「ケンちゃん」という架空のキャラを追加し、この3人でブログを運営しているような構成にした。

 

有限のリソース VS 無限のアイデア

こうして犬クンをスタートさせた私は、「極力金をかけない」をモットーに、無料のお絵かきソフトを使い、既存の設備を使いながら、黙々とコンテンツを作っていった。

当時はペンタブレットもなく、マウスを使って利き腕でない方の手で描いていたため、描画に時間がかかった。

が、人間というのは必要に迫られると上達が早いものだ。慣れるにつれてサクサクと描けるようになり、後に「ペンタブで描いてるの?」と言われる程に上達した。また、アイデアがアイデアを呼び、コンテンツの幅がどんどん広がっていった。

こうなってくると「犬のクンクン」などという謎のブログ名が逆にプラスに働き、思いついたアイデアはジャンルを問わず何でも採用することができた。

 

日記 ⇒ フィリピンの雑学 ⇒ 犬クンカレンダー

日記の方は、私のプライベートな話題だけではネタに限りがあるので、フィリピンの伝説、文化や歴史も紹介することにした。当初は特にフィリピンの妖怪シリーズに力を入れていた。

マニラ日本人学校(MJS)時代の恩師がカレンダーを自作していると聞き、ちょうどフィリピンの妖怪のイラストが溜まってきていたので、これらを流用して「犬クンカレンダー」を作ることを思いついた。

最初に作った「フィリピン妖怪カレンダー」は公開せず、恩師に贈るだけにとどめたが、その後「フィリピン果物娘」「フィリピン動物娘」と、フィリピンの名物を擬人化したカレンダーを制作し、犬クンで公開した。

カレンダー作りは2018年まで続き、現在は休止している。

 

タガログ語レクチャー ⇒ 犬クン村の人々

一方、タガログ語レクチャーの方では、レクチャーに登場させたキャラの日常を紹介する「犬クン村の人々」を新たにスタート。己の創造意欲を満たすために作った自己満足のコーナーだが、後に犬クン読者の支持を得て急成長を遂げた。

途中から下ネタやチョイエロ要素も積極的に取り入れ、記事にかこつけてお気に入りの曲を挿入する「テーマ曲動画」も定着していった。

また、定期的にマンガ作成ソフトのアップグレードを図り、2017年には念願のペンタブレットも入手。マンガの品質と制作作業の効率が飛躍的にアップした。

 

旧犬クンの消滅と新犬クンの誕生

2017年10月、犬クンが入っているサーバーの不具合により、犬クンが消滅した。

バックアップファイルが入ったHDDが読み込み不能だったため、新しく作り直すこととなった。

犬クン史上最大の危機ではあったが「膨大なファイルを整理する良いチャンス」とポジティブに捉えることにした。

突貫作業でウェブサイトを作成し、コンテンツを入れ直して、約1週間で復旧させた。

 

オンラインタガログ語辞書

2019年、かねてから犬クン読者よりリクエストのあった辞書の作成にようやく着手した。今の所タガログ語⇒日本語にしか対応していないが、将来は日本語⇒タガログ語にも対応させたいと思っている。また、知っていると便利だと思われる単語は、レクチャーマンガがなくてもどんどん登録していく予定だ。

 

今後の予定

当面の目標は、タガログ語レクチャー200回目を達成すること。長い間お休みしている「犬クン村の人々」も再開させるつもりだ。

 

 

不測の事態に備えて、そろそろサイトのバックアップを取っとかなきゃ、と思っている管理人のテーマ。

It Can Happen by Yes