カプレ(Kapre)は、バレテの大木に棲んでおると言われとる肌黒の巨人じゃ。「ツリー・ジャイアント」とも呼ばれておる。

 

見上げるような大男で、髪の毛ボーボー髭ボーボーの浮浪者みたいな格好をしておる。ほとんど裸に近い格好をしとるんじゃが、フィリピンの少数民族が着用する「バハッグ(Bahag)」を好んで着とるらしい。

 

フィリピンの民族衣装「バハッグ」じゃ。

(画像ソース:Philippine News

 

風呂にも入らんのか、常に体から強烈な匂いを漂わせとる。本人曰く「人間(の女性)を惹きつけるためにわざと匂いをつけてる」そうなんじゃが、無精者の言い訳にしか聞こえんな。

 

夜行性と雑食性に加え、気に入ったオナゴにしつこく付きまとうストーカー気質も備えておる。装着すると体が透明になる魔法のベルトを持っとるっちゅー噂もあるので、下手したらトイレの中まで付いてきて観察しとる恐れがある。

 

無類の愛煙家でもあり、棲み家の木の上で一日中葉巻をくゆらせておる。

 

いたずら好きなところがあって、人間の方向感覚や記憶を乱して迷子にさせたりするが、基本的には友好的で無害な妖怪じゃ。ただし、棲み家の木を切られると執念深い復讐鬼と化すらしいので要注意じゃ。

 

似たような妖怪に「アグタ」がおる(同一妖怪だっちゅー説もある)。

 

知名度的にはマナナンガルティクバランと肩を並べるメジャーな妖怪なのじゃが、特に人間の生き血を吸うわけでもなく、化け物然とした姿で獲物を襲うわけでもなく、悲しい業を背負っておるわけでもない。

 

ぶっちゃけ、毎日オキニのババーエ(タガログ語で「女」っちゅー意味じゃ)をストーキングしつつ、葉巻をスパスパ吸いながらまったりゆったりくつろいでおるだけの迷惑エロ巨人なので、映画やマンガのネタとして取り上げられることは少ない。

 

 

 

気になる女子とずっと繋がっていたいカプレのテーマ。

Hysteria by Def Leppard