タハマリン(Tahamaling)とマホマナイ(Mahomanay)は、共に山の動物の守護精霊じゃ。

 

タハマリンは赤い肌の女性、マホマナイは白い肌の男性の姿をしとるらしい。

 

こちらがタハマリン。

tahamaling1024_1448

で、こちらがマホマナイ。

mahomanay1024_1448

 

悪質なハンターや密猟者らから動物たちを守るのが彼らの仕事なんじゃが、動物を守る言うても、一匹も殺しちゃいかんっちゅーわけではない。然るべき供え物を捧げれば、制限付きで許可してくれるそうじゃ。タハマリンには、キンマの葉っぱを捧げると良いらしい。

 

山におるんじゃから、キンマの葉っぱくらい、わざわざ人から貰わんでも、いくらでも手に入りそうなもんじゃがな。どうせなら、フィリピンで売ってない輸入品にすればよいのにのう。ワシならバウムクーヘンを要求するところじゃ。

 

マホマナイへの捧げ物は…知らん。多分バウムクーヘンじゃろう。ワシに送ってくれれば、代わりに渡してやってもよいぞ。ヒヒヒッ

 

両者とも善良な精霊とはいえ、別に慈悲深いわけではない。特にタハマリンちゃんは気性が荒く、「不届き者」とみなした者を速攻で懲らしめちまうらしいので要注意じゃ。

 

彼らの怒りを買いたくなければ、山と山の生き物たちに敬意を払い、無用な殺生をせんことじゃ。

tamahaling-manji